当社のハンマーグラブは、その生命である耐久性と掘削性を重視した独自の設計となっています。

オールケーシング工法であるベノト工法や全周回転掘削工法で使用され、その優秀性は高く評価されています。そして、当社のハンマーグラブは国内での生産の大半を占め、海外へも輸出されています。

なお、最近のニーズの変化に対応し、低空頭用や障害撤去用などの特殊用途のハンマーグラブの製作も行なっています。

シリーズ 対象削孔径
SKNシリーズ Ф800~1,300
SKDシリーズ Ф1,200~2,000
SKSシリーズ Ф2,000~3,000
SKSⅡシリーズ Ф1,000~3,000

(この他にも、特殊品をご要望に応じて設計製作しています。)

ページトップへ